チャートはともだち

ARMS

 

本命の弱点 >>>

ここ2か月ほど、多数の銘柄監視をいかに最適化するかということに頭を悩ませていました。

このブログで、本命に推しているTradingviewはもちろん最高です。

高い精度でこういった分析ができるという意味で、世界最高のチャートだと思います。唯一の弱点を挙げれば、若干重いこと。特に、いろんなラインやインジケーターを表示した設定で、分割画面で監視をするという状況下では、一つのチャートを出すのに20~30秒かかってしまいます。

また、FXCMの本社がニューヨークであることからか、シカゴで取引される商品や東京の個別株などのチャートは、若干遅延表示になっています。サポートにも問い合わせましたが、今後改善していく方向ではあるが、現在はこの遅延が解消はされないとのことでした。

 

実際にやるのが1番早い >>>

何を取引するかというのは非常に重要であるが、それを何を基準に決めるのかというのは人それぞれだと思う。ただ、FXから始めた人が株をやろうと思うと、かなりの勉強量が必要だし、株をやっていた人がCFDをやろうと思っても同様に相当勉強しなければならない。僕は日経225先物から始めたので、他のものに手を出して何度も失敗している。

ただ、取引してみないとわからないことがある。商品ごとの最小取引単位やスプレッドのことなどは典型的な例だ。海外業者のMT4で原油を取引しようと思っても、1枚はどういう単位なのかもわからなければ、レバレッジがどういう仕組みでかかるのかも分からない。

すべて開示はされているのだが、よほどいろんな取引に精通した人でなければ理解は難しい。

僕の場合はそれをリアルで体験するために、いろんなプラットホームからいろんなものにエントリーして、勉強代を上納してきた。プラチナなんかはエントリーした瞬間5000円スプレッド負けしたり、FXのレバレッジを100倍で取引した時の天国と地獄を体験してみたり。

こういう体験を積んでくると、X〇なんかの最大レバレッジ888倍なんてありえない世界であるので、X〇をお勧め海外FX業者として紹介しているサイトなんかと出会うと、IBのボーナス狙いなんだということが分かるわけだ。

 

銘柄探しの強い味方 >>>

こうして、いろんなものに手を出してきて今僕が取引を始めようとしているのが東京市場の個別株。理由はいくつもあるが、まあ投機的な動きがそれほどないと感じたからというのが一番大きいだろうか。

というわけで、個別株をやるため、、、

というよりは、次から次へいろんな銘柄のチャートに素早く画面を切り替えていけるという意味で最強のチャートがあります。

皆さんご存知、パン社のチャートギャラリーです。

スクリーンショット 2016-08-12 11.13.01

これはヒューリックのチャートですが、きれいにうねっていませんか?こういううねっている銘柄を、実際に目視して探していくのにこのチャートギャラリーはすごく便利なんですね。いろんな条件でスクリーニングするのではなく、目視が大事じゃないかなと僕は思います。

ただ、一つだけ弱点がありまして、、、

実は日足の更新が、19:00なんです。

なので、終値を見て翌日仕掛けをする人には問題ないのですが、窓も考慮に入れて14:30辺りから仕掛けをしたいと思っている僕みたいな人には、ザラバの足が出ないので使えません。

じゃあ、どのチャート使えばいいんだよっ!!!

ってことを2か月くらいやっていたわけですねw

 

スタート地点がゴールだった >>>

実は僕が日経225先物をやるにあたって最初に買ったとある教材がある。

この教材では、発注はカブコム、チャートは松井証券をすすめていたのですが、この松井証券のチャートがかなり使えるのです。ただ、いろんな制約もあって、むやみやたらにいろんなものを表示すると、重くなりすぎて頻繁にサーバーとの接続が途切れます。その辺りは、ご自身でいろいろ設定を変えてみるのがよいと思います。

僕が松井証券のチャートで作り上げた、僕仕様の設定がこちら。

スクリーンショット 2016-08-12 12.08.59

スクリーンショット 2016-08-12 12.09.13

ほぼチャートギャラリーと同じものを作り上げました。しかも8分割の監視画面も設定でき、ザラバの足も当然見れます。

 

修羅の道へ >>>

さて、これでトレードできる環境はほぼ最適化することができました。発注に使うのはGMOクリック証券です。信用、日経先物、FX、CFDとすべてスマホから発注できるようにしてあります。口座間の資金移動も即時反映されますので大変便利です。

もちろんメインは個別株の信用取引。

先日、監視する30銘柄の過去10年分のチャートをすべてプリントアウトしました。

DSC_0300DSC_0303

その数なんと600枚!これに、こういった練習をしていきます。

DSC_0307

まずは100枚やってから、リアルトレードを再開する予定です。もちろんチャンスがあったら入ってしまいそうですけどw

600枚は1日5枚やっても4か月。。。

半年くらいはかかるでしょうか。

でもきっとそのころには格段に上手になっているでしょう。

そう信じて、やるのみですね。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません