チャンスを掘り起こせ

COLUMN

 

DIG IT !!! >>>

いきなりトレードの話からそれますが、今回の記事のアイキャッチの画像を探すために、

【DIGGER】

という言葉で検索したんですね。

なんでこの言葉がすぐ出てきたかというと、昔僕がメタラーだった頃に

【GRAVE DIGGER】

というジャーマンメタルのバンドが一時期好きだったからです。

【墓堀り人】

ってのが衝撃的でw

しかも、アルバムのタイトルが

【THE REAPER】

でして、、、、

で、REAPERというのは、大鎌を持った死神のことでして、

grim-reaper

こういう人のことです。

てか、人じゃないか。神かw

ちなみにこんな曲なんですが

いやぁ、直球グイグイのパワーメタルで、今聞いてもかっこいいですね!!

すみません、余談でしたw

 

チャンスは無限にある >>>

ny%e7%a0%82%e7%b3%96%e5%85%88%e7%89%a9

さて、これ一体なんのチャートか想像がつきますか?

きれいなトレンドが出ていて、しばらくもみ合ったのちに上へブレイクしています。この先しばらく勢いづいて天井を迎えるのか、そろそろ反転の兆しが表れるのか、いずれにせよ将来の売りを見据えて監視したい銘柄です。

%e7%a0%82%e7%b3%96

MT4の監視画面では、そろそろ準備かなといった感じです。

ただ、かけるフィルターは多いほうが良い。

そんな時はやはりTRADINGVIEWを使いたいところです。

 

元の値段が何なのかを知る >>>

先ほどの2つのチャートは実は砂糖のチャートです。

IG証券でNY砂糖先物が取引できるのでチャートをのぞいてみたところ、偶然にもブレイクしていたというわけです。

さて、ここからが問題で、TRADINGVIEWで同じチャートをどう出すかというところでほとんどの方はつまづくと思うので、自分への備忘録としてもここは書いておきたいと思います。普通にSUGARとか打っても出てきませんので。

まず、NY砂糖先物がどの取引所で取引されているのかを調べます。これがICEというところになります。

次に、TRADINGVIEWのシンボルを打ち込むボックスを空白にし、適当に1とか打ち込みます。

%e5%8f%96%e5%bc%95

その後青矢印のポッチをクリックすると、すべての取引所が出てくるので、ICEを選択します。

ice

SUGAR#11を選択します。(#16との違いが詳しくわかりませんが、粗糖と上白糖との違いのようなものでしょうか?)

sugar1

ずらっと出てきた中からSB1!を選択します。

実はこれも詳しくはわかりませんが、いろんな銘柄で1!や2!というのを見かけますが、1!というのが期近のチャートをつないでできたものだと思うので、長期間を分析するにあたってこのチャートを僕は使います。

とりあえず、基本のフィボくらい引いておきましょうか。

これは次のターゲットを目指しそうですね。

最強マップを適用しましょう。

どうやら、

赤丸の当たりがにおいますね。

先ほどの基本のフィボチャートだと、

もうプンプンにおってますね。

途中にこれといった抵抗線もないので、この辺りだろうという予測のもとに、

移動平均線で仕掛ける。

とは言いつつ仕掛けにくいローソク形状なので、俯瞰して算出したフィボも引くと、

0.618でのプライスアクションに注目ですね。

今日はお休みなのでいろいろ書いちゃいました。

しかし、まさか砂糖のチャートでこんなにもフィボが効いてるなんて、FXだけとか個別株だけとか、限られたものしか取引してない人には想像もつかないでしょうね。

【チャンスは無限にある】

これを意識すると、どういう戦略が一番有利なのかが見えてくるのではないでしょうか。

コメントは利用できません