最後は気合と根性

REAL TRADE

 

いわゆる【メンタル】の正体とは? >>>

メンタルとか資金管理とか、トレードの技術と並んで大事なものって皆が口をそろえて言いますけど、資金管理はともかく、

【メンタル】って要は何?

って思ったことありませんか?

主に心理学に基づいて、書籍でもいろいろ書かれていますけど、いまいちピンとこない。

でもこれって要は、

【気合と根性】

だと思います。

そして、最近それに加えて思うこと。

【執念】って結構大事

だってことです。

僕のリアルトレードを絡めて解説したいと思います。

 

度胸がなければ必ず負ける >>>

「相場というのは絶対がありません。

いくら練習を重ねて、勝ちを重ねたところで、イレギュラーな出来事が起きると、いとも簡単に私たちの証拠金は吹き飛んでいきます。」

なんて教科書的な説明ではつまらないので、まずはこのチャートを。

今トレードしている銀のチャートです。

・片方のチャネルはブレイクして戻ってきた

・もう一つのチャネルには届かなかった

という理由で、本玉になりうるとも想定して厚めにに持っておいた買いを全部切り、売りだけに操作しました。

まずこれだけでも根性要りませんか?

だって、わざわざマイナスを許容して、次のプラスを狙うというわけです。

「そんなことをしなくても最初から狙えるところを狙えばいいじゃん」

という人が必ずいると思いますけど、意外とそれをやるほうが根性が必要で、相当の熟練者じゃないと無理だと思います。

僕の今回のトレードは事故のようなマイナスから始まっていて、それをプラスに持っていくために一生懸命考えに考え、有利な場所でマイナスを許容したり、追撃エントリーしたりしているわけです。

少なくともここ2日の銀の動きは監視してきた。

だからこそ、ある程度の自信をもって大きなポジションをとれる。

これってまさしく

【執念】

ですよね。

 

たまには【こじつけ】も大事 >>>

自分の都合のいいように考えてしまうのはあまりよくないことではありますが、「こうだったらこういう考え方もできるよな」といった違った解釈も常に想定に入れておくことは大事だと思います。

先ほどのチャートをもう一度見てみましょう。

でも下降チャネルをこう引き直すとどうでしょうか?

ずいぶんと見え方が変わってきませんか?

・上昇チャネルのレジスタンスは一度抜かれて、2.618で戻ったことから、このレジスタンスはそれほど強くなく、2.618はかなり強い。直近のトライではこの2つのラインに共に触れていないことから、弱いと判断する。

・下降チャネルのレジスタンスは最初のタッチのひげがドンピシャなので売りが濃厚。サポートはそれほど機能しておらず、それよりも18.500のサイコロジカルがかなり強い。

・高値は切り下げ安値は切り上げているので、2.618と18.500の間に挟まれたレンジに入ったと判断する

以上から、今の下げが進行した場合の抵抗帯となるのは、

というところでしょうか。

おっと、仕事行かなきゃ。

なんかタイトルとずれた内容になってしまいましたが、、、

皆さんよい週末を~!!!

コメントは利用できません