本厄と中殺界は車までも破壊した

REAL TRADE

 

追突事故の恐怖 >>>

木曜日の深夜、交差点で停車中に、後方車両に突っ込まれました。前方に一台止まっていたこともあり、僕の車は玉突きの真ん中で、後ろも前もぐちゃぐちゃ。

dsc_0001

dsc_0005

恐ろしい衝撃音と爆風の中で何が起きたのかを一瞬で察知し、このまま死んでしまうのだろうかという不安がよぎりながらも、「こんなところで死んでたまるか」という強い意志のもと、必死に慣性のGと戦いました。

【人生死ぬまで勉強】

ではありますし、生き残ったことでいい勉強をさせてもらっていることは否定しませんが、できるだけこういったものとは遭遇したくないもの。

全治2週間で休業中の現在、本来なら暇を持て余すしかないはずですが、保険会社との示談のために知識武装をせねばならず、昨日も「事故情報調査会」の本を所有しているお隣の市の図書館まで足を運び、借りてきた本を参考に、これから取るべき行動について策案中です。

 

信心深くないとはいえ >>>

さて、宗教やら占いやらには全く興味のない僕でも、

【困ったときの神頼み】

という言葉があるように、困った状態である今を把握するために、今さらではありますが「六星占術」を使って調べてみました。

まず、僕は水星人(-)であるとのこと。その特徴をずらっと書き並べると、

◆ 性 格[財運抜群、だがクールな利己主義者]

水星人は、非常に利己的でクールな性格の持ち主です。ある意味で、人生をつねに醒めた目で見ているところがあります。それでいて、生まれつき華やかでソフトなムードをそなえていますから、男女ともに、とても強烈な個性の持ち主が多いと言えましょう。
他人は他人、自分は自分と、割り切って行動しますから、他人からは、自分勝手で独善的な人間と思われやすい傾向がありますが、なんと思われようと、それを意に介さないのも水星人の大きな特徴の一つです。それは、裏を返せば、意思が強く、つねに自分を見失わないで冷静に行動するということでもあります。
事実、水星人には、一時の情熱に身を任せて、自らを破滅させてしまうようなことはめったになく、怜悧(れいり)とも思えるくらい、確実に自分の人生の目的を実現していくタイプが多いのです。

◆ 結婚・家庭[家庭に恵まれぬ孤独者]

水星人に与えられているのは、そもそも「孤独な世界」なのです。このことは、幸せとが不幸という次元の問題ではなく、そういう運気のもとにうまれたのだ、ということなのです。
ですから孤独とは正反対の「安息の世界」である家庭に安らぎを求めようとしても、本質的には、それは水星人にはかなわぬ望みなのです。水星人には孤独な人が多いし、ことに晩年は、淋しい人生を送ることになりがちです。しかし、孤独な世界に生きてこそ、成功する可能性も非常に高いということです。

◆ 才能・進路・適正[芸能界、事業主で成功する]

華やかさと自己中心的な面を持つ水星人には、芸能界のような職業はうってつけです。また、財運の強さは、六星中ピカ一ですから、事業家としても成功できます。
女性の場合は、同じく芸能界のほか、各種デザイナー、ブティック経営、美容院経営、スタイリスト、コピーライター、さらに水商売も含めたサービス業種、PR業種が向いています。

 

ということらしいです。料理人から、歌や投資という柱を立てている現状が、まさに当てはまっていますね。しかも「歌」「投資」ですから、ズバリ言われちゃってる感じです。

 

気になる今後 >>>

で、2016年が、

乱気 = 【中殺界】

ということで、何をやってもうまくいかず、精神的なダメージを受けやすい年だとかw しかも、数えの42で本厄。

確かに、ウェブマーケティングの塾の成果はいまいちですし、声楽コンクールも「う~ん」という結果に終わっていますし、投資のほうもスタイルづくりの過程で勝ち負けの連続です。

で、挙句の果てに今回の追突事故。しかも、車検を通してタイヤを履き替えてまだ1カ月も経っていませんから、なかなかヘビーです。

ですが、終わったことは仕方がなく、これからがどうなのかというと、

・2017年

 再会 …… 第2の出発点となる時期。失敗したことを挽回するのにも適している。

・2018年

 財成 …… 富が入ってくる時期。

・2019年

 安定 …… 現状維持の時期(新しいことを始めると翌年の大殺界で苦しむことになる)

ということで、やはり歌と投資に集中して結果を残し、基盤を作っていく必要がありそうです。

ただ、2020年が陰影、2021年が停止、2022年が減退という【大殺界】が待っていますから、新しい事業(世界のワイン畑へオペラを歌いに行く等)を始めるよりも、実際のオペラに関わる活動で研鑽を積むほうが良いのかなと。同時に、ワインや語学を掘り下げていき、

・2023年

 種子 …… 物事を開始する年。

・2024年

 緑生 …… すべての影響が2倍になり、物事が成長する時期。

・2025年

 立花 …… 基本的な方向が決まるかなり重要な時期。

に備えるというのがよさそうですね。2025年は50歳になる年ですから、今手掛けているものから生み出されるものを使い、新たなステージを作っていけたら理想的です。

 

一応投資ブログなので >>>

なんか、完全にプライベートなことを書いてしまいましたが、今やはり集中しなければならない

【投資】

のことで締めたいと思います。

週足ショットガンを使ったロングショート戦略を先週から始め、先週はショートを仕込めるものがなかったのでロングを2つ仕込んだのですが、その銘柄と結果について公開すると、

8050 セイコーHD  +19693円

6479 ミネベア  +4736円

ということで、+24429円! 快調な滑り出しです。先週は水曜日が日本、木曜日がアメリカの祝日だったので、金曜日の為替や日経先物が荒れたらいやだなと思い、実は木曜日の引けで手仕舞いました。まあ、金曜日の引けまで持っていれば、さらに大きく利益を伸ばせていましたが、その逆の可能性もあったわけで、不確実性の高い局面ではやはりやらないという選択肢が正しいのだと思います。

そして、今週はロングとショートを1銘柄ずつ仕込んでいます。資金量の関係から仕込めなかったものを一部公開しておくと、

ロング銘柄としては、2801 キッコーマン

ショート銘柄としては、2432  DENA

あたりがよさそうです。

今思ったのですが、この週足を使ったスタイルだと、先週の結果、今週の狙いどころなんかをこうしてまとめてアップできるので効率が良いですね。備忘録にもなりますし、それによって訪問者が増えてくれたら僕はうれしいですし。

ただ、実際の投資を助言するものではないということはくれぐれもご理解ください。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません