軌道修正

REAL TRADE

 

目の付け所は悪くない >>>

さて、2週目の結果です。まずは、実際のチャートをご覧になってください。

買い銘柄群

売り銘柄群

というわけで、もし全銘柄やっていた場合、

買い 6勝2敗

売り 6勝0敗

というなかなか素晴らしい成績だといえます。

ただ、僕が実際に仕込んだものは

買い 3382 7&I-HD  -18281円

売り 4924  シーズHD  +3614円

ということで、今週は-14667円という結果に終わりました。

しかしまあ、悲観することはなく、資金量が少ないのでこうして1銘柄ずつしか仕込めていないだけで、もっと潤沢な資金量があればいろんなものを仕込むことでヘッジができるわけです。

ということは、多少スプレッドが気になるにせよ、IG証券の個別株CFDを再考してみる価値がありそうですね。

 

ルールの追加 >>>

今回、シーズHDは最初大きく逆行し、その後想定通りの方向へ動きました。

これは日足ですが、直近の5本を見てもらえれば今週の動きが分かると思います。売りを狙っていたDENAなんかも同じような動きでした。

ローソクをよく見るとわかりますが、週足では水曜日に陰線になりかけていますが、昨日の時点ではまた陽線にもどり、今日のドカ下げだったわけです。

つまりこの2銘柄に関しては、我慢するのが唯一の選択というか、日足を見て戦略を変えるべきではない。

ですが、買いを仕掛けた7&I-HD見ると、

最初の2日はよかったものの、その次に陰線が2本出た時点で、手仕舞っておくべきだったのかなと。

これは結果論ではなく、実際に昨日の時点で手仕舞おうと思っていました。実は、ハーモニックも完成してたんですね。

これは1時間足に落としていますが、

・火曜日にPRZに突入し跳ね返される

・水曜日はそのまま下げラインを割る

・木曜日は寄りが高く始まるもPRZには届かず、安値を更新

となると、今日は完全に売りの日ですよね。

ただ、昨日の投稿で書いたように、週足が決まるまでは介入しないというのをルールに据え置こうとしていたので、我慢したわけです。結果、下げてマイナスが膨らむという最悪の結果。

やはり、こういった日足で明らかに逆方向へ向かいそうな場合は、戦略を変えるというのを新たなルールとして書き加える必要がありますね。

あと、いずれアービトラージも習得したい僕にとっては、今のうちからロングとショートの丸代金を合わせる練習をしていったほうが良いのかもしれません。今回も2銘柄の丸代金が同じであれば、損失も若干軽減できています。

となると、やはりIGでしょうか。

ま、この辺りはメリットデメリットをあぶり出し、実際のトレードと並行して精査していきます。

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません