2016年まとめ

COLUMN

 

本厄に攻めまくった度胸には乾杯 >>>

実は、こんなブログを書いているにもかかわらず、2016年の前半は全くトレードをする予定ではありませんでした。

というのも、年初から2つのウェブマーケティングの塾を掛け持ちしていたことと、テクニカルアナリスト試験へ向けた通信講座の受講を開始していたからです。

ですが、塾で成果を出していくには、当然何かしらのメディアが必要で、その一つとして急ぎ立ち上げたのがこのブログでした。

ですので、ぶっちゃけ、リアルトレードを開始したときは、まだまだ消化不良の状態だったわけです。

エントリーもエグジットも明確な目線でできておらず、ポジションサイジングもリスクを取りすぎていて、スイングのつもりでも下位の時間足に動揺してしまうという、ダメダメの状態。

偉そうにこんなブログを始めた度胸だけには

【乾杯】

なのですが、前半戦の結果は-20万超の

【完敗】

でした。

 

事故が示唆したもの >>>

声楽コンクールで結果が出せなかったことを機に、基本に取り組むということを始めた後半戦。

テクニカルアナリスト試験には合格し、トレードのほうは勝ち負けするもののトントンくらいには持っていけるようになりました。

練習の大切さを痛感し、株塾ロジックで突き進みながらも、身に付けれるものはトコトンということで、新しいコミュニティにも参加しました。

月々の金銭的にも限界な状態で踏ん張る中、11月25日の悪夢の追突事故。

これが、あらゆる呪縛の中からある意味吹っ切れたというか、自分が抱える必要もなかった責任から解放されたというか、外面的には最悪の状態にしか映らない一方で、内面的にはなんだか救われたような状態になっていました。

ただ、保険金が振り込まれるまでのタイムラグのせいで、金銭的には困窮。

そんな状況でも攻めの姿勢は崩さず、海外投資案件への参加を決断。これによって、個別株への投資は元本が整うまでできない状態になり、少額で何に投資するのかを模索しなければならなくなりました。

 

消化から昇華へ >>>

株塾は高額ではありますが、非常に分かりやすいロジックなので、練習に練習を重ねていけば必ず結果がついてくると信じ、突き進んでいくだけという意味で、それほど負担にはなりません。

ただ、コミュニティのほうが非常に高度な内容であることに加え、エクセルのスキルもかなり必要となってくることから、現状は完全な消化不良の状態となっております。

ただ、

【慣れ】

というものは恐ろしいもので、日々こういった高度なものとお付き合いしていると、知らず知らずのうちに理解力が深まっているというのはよくある話です。

最初は何から手を付けていいか全くわかりませんでしたが、最近少しずつ分かるようになってきたというか、素晴らしい講師陣のおかげで何にフォーカスしていけばよいのかが徐々に鮮明になってきました。

もちろん、それを使ってトレードのアイディアを出していくにはまだまだ時間がかかりそうですが、それができるようになった時のことを考えると、ワクワクが止まらない感じです。

 

2017年は【迷いからの脱却】 >>>

最近、完全に手動で(エクセル使えないしプログラミングできないし。。。)簡単なバックテストを行っています。

取引対象の最有力は原油なので、ひとまず2016年1年間を2つの手法で比較してみました。

まず最強マップを使った裁量のアウトライト。

24勝12敗で+2,792 pips

スプレッドが3 pips × 36 = 108 なので、差し引き2,684 pipsの利益。

次にWTIとブレントのアービトラージ。

これはかなり連動が強いので股裂きの心配はありませんが、ご覧のとおりチャンスが分かりづらいです。そこで、ラインに直して、裁量も加えてスケールを直してやる必要があります。

仮としてこのチャートで出した結果は、

15勝0敗で+1,624 pips

両建てなのでスプレッドが 3 pips × 2 × 15  = 90 pips

差し引き1,534 pipsの利益

となりました。

30万円の資金量に対してミニ1枚を想定していますが、アウトライトについてはこれ以上のリスクは取らないにせよ、アービトラージのほうは鞘が開いた場合の含み損に耐えうる資金量があればポジションをキープできるので、40万あれば安心してミニ2枚の両建てができると思います。その場合、単利でも年間利益が3,000 pipsを超えてきますので、かなりのパフォーマンスです。

まず、この2つの戦略についての選択についても迷いが生じるところです。欲を出さなければもちろんWTIとブレントの薄利を取りに行くべきです。ただ、お金をかけて学習している以上、本来アウトライトで月利10%以上のパフォーマンスが出せるのが理想的です。

また、アウトライトの際に使う最強マップも、現在位置を知るには非常に効果的なのですが、時としてラインと移動平均線のどちらを選択するべきか迷うこともあります。アービトラージも、ほかの選択肢が山のようにありますし、悩ましいです。

ですが、まずはいろんなものの基礎を身に付け、自分自身で行わなければならない

【消化】

を執行するのが最優先。

その上で、マーケットに合わせて取る選択を柔軟に変えていけるスキルが身についてこれば、よりシンプルでソリッドなトレードができるようになってくるのではないかと思っています。その境地こそまさに、

【昇華】

2017年は、迷いがなくクールではありながら、触ったらやけどしてしまう

【ドライアイス】

のような男になりたいですねw

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

 

 

コメントは利用できません