ADA上場!!!

CRYPTCURRENCY

 

これはやばい!やばすぎる! >>>

 

10月2日午前5時に、暗号通貨ADA(エイダ)はビットレックス取引所にて上場を果たしました。

 

泉さんの塾で紹介されて購入後、1年半の時を経てついに上場です。

 

ここに至るまでの経緯は、随時運営側から報告があって、法整備がなされていない状況での見解や、各国のコンプライアンスに準ずるための改正に時間がかかってしまったようです。ですが、こうした健全な運営に加え、開発チームへの信頼感から、僕は何の疑いもなく長期ホルダーです。

 

上場後の利食いで価格が下がるのは想定済み。

 

それよりも、初動の1分足の勢いを見て、今後の期待感が半端ないというのが僕の感想です。

 

ちなみに、利食われた後の現在の価格でも、プレセールで買った価格から約10倍になっています。初動の高値では約30倍になっていました。

 

今後は、暗号通貨市場に追い風となるニュース、もしくはADA単体に関するニュースがあるたびに買われ、30倍の高値の位置はあっさり抜いていくと思っています。まあ、どれくらいの時間がかかるかは分かりませんが、インサイダーとしては今後いいニュースが流れることも知っていますし、1年半待ったのだから、半年や1年待つのは何の問題にもなりません。

 

 

甘い蜜 × 洞察力 >>>

 

さて、3日ほど前にもらった情報ですが、

 

 

すでに40%近く上昇しています。こういった、甘い蜜を逃すことなくきっちりと吸っていくことが今後の課題ですね。下落への懸念を待たず、淡々とこなしていかなければ。

 

つまり、長期と中期の資金を分ける必要性が出てきたということです。ただ、焦る必要はなく、ADAが再び上昇するところで3分の1程度をBTCに変え、それを分散で投資していくという方向で間違いなさそうです。

 

そして、フィアットの運用もどんどん精度を上げていきたいです。というよりは、

 

損失を出さない

 

ということにフォーカスしていきたいと思います。

 

これは、最近情報を取っている波乗り投資法というもので改めて再認識したのですが、

 

建玉の操作

 

を極めてしまえば、明日の株価が上がろうが下がろうが問題ないということです。

 

実際に、インジケーターもラインもない原油のローソク足のチャートで、終値だけを追って5分割のポジションで半年間のバックテストをしたところ、4000pipsほどの利益になりました。

 

ただ、その後シルバーでやったところ、切るに切れないポジションが出てきて、コツコツどかんになってしまいました。

 

ここで、やはり邪魔なのが

 

トレンド

 

の存在であり、レンジブレイクした後は、気持ちと裏腹であったとしても、強制的にトレンド方向への玉を厚く入れる必要があるということです。

 

もう、この辺りは練習を重ねるしかありません。

 

それに加えて、内部分析で、大方の方向は把握しておく。

 

問題はどのアセットに絞るかですが、やはり原油かゴールドがいいのではないかと思います。

 

為替に関しては、レバレッジの規制が入りそうですしね。

 

ま、いろんな意思決定をこなしていく必要はあるにせよ、

 

来年は間違いなく財が降ってくる

 

ということを確信した、ADAの上場でした。

 

にほんブログ村 先物取引ブログ デリバティブへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません