地獄の底で待ってるぜ

CRYPTCURRENCY, FIBONACCI, IDEA, REAL TRADE

 

ビットコインの底値をズバリ予想!! >>>

 

皆さん、生きてますか?

 

前回の逃げ恥の投稿。

 

 

あれから、やはり下がってきましたね。

 

 

ガチホ組は精神的につらい時ですね。

 

いいニュースも流れてはいるのですが、悪いニュースのほうがどうしても取り沙汰され、加えて米長期金利の上昇による株式市場での大暴落。世の中のセンチメントが完全にリスクオフで、仮想通貨市場からも資金が抜けています。

 

僕は、危機感が漂うテザーを使いながら、何とか凌いでいたのですが、昨日有力ICO案件の上場に合わせて売り抜けて持っていたイーサを、ICO案件が売り圧力で押されて下がるのを待って買い直そうと待っていた数時間の間に10%くらい持っていかれてしまいました。加えて、若干欲が絡んだ行動もしており、利益になっていた時期もある反面、トータルでは20%くらいのマイナスになっています。

 

とはいえ、逃げ恥の投稿から何も売買していなければ、40%以上のマイナスになっていることを考えればマシですね。底を見極めて買い直せば、すぐにプラ転していくのかなと思っています。

 

 

地獄の底で待ってるぜ >>>

 

そういえば、世界の苫米地がキャンペーンやってますね。

 

うんうん、全くその通りですね、博士。

 

ただ今回の下げが、仮想通貨市場が徹底的にやられるものではないということには、僕たちの共通認識として持っておいたほうがいいとは思います。量子耐性とかはずっと言われていることだし、実際の開発者たちも分かっていると思います。

 

つまりですね、僕もバブルなんていずれ終わると言っているのは、量子コンピューティングによって、既存の暗号技術は破られるであろう予測から。

 

ただし、それまでの間に技術が革新し、量子耐性を備えることができるかもしれない。博士曰く、量子コンピューティングによる脅威は3~5年以内には訪れるということなので、それまでにヴィタリックなんかが天才的な新技術を開発すれば、既存の通貨も勝ち組として残れる可能性は十分あるということ。

 

その可能性に賭けてみんな投資をしているはず。だからこそ、握力マックスなのだ。ガチホ組は自分が保有しているカレンシーやトークンの開発者を応援しているし、世界中のいろんな場所で頻繁にミートアップが開催されていることを考えると、「なんか儲かりそうだから」という新規参入者はさておき、仮想通貨の可能性に賭けて参加している新規者の裾野が広がってきていると思う。

 

 

テクニカル分析は覚えましょう >>>

 

せっかく投資というものに関わるんだったら、、、

 

ということで、テクニカル分析は覚えるべきですね。

 

僕も、ようやく自分が使いやすいものを改良に改良を重ねて、納得いくレベルにまでもって来ることができた。かなりお金を掛けて勉強してきたので早かったとは思うが、それでも2年半はかかっている。

 

また、折に触れて説明しようと思うが、僕が使っている最新のチャートはこちら。

 

 

ゴールドのチャートになるが、一つずつ俯瞰して見ると、

 

 

今まで使っていたオシレーターやカスタムボリンジャーなどは、さらに改良しているのだが、これによってより明確な売買ポイントを浮かび上がらせることに成功した。また、反転ポイントだけでなく、押し目買いや戻り売りのポイントも判断できるので、非常に戦闘力が高い。

 

だから、いよいよ利益を量産していきますよ。もちろん、相場を舐めてはいません。舐めていないからこそ、自分が納得のいく武器のポートフォリオを組み、戦闘力を上げたということだ。

 

とはいえ、仮想通貨の利益が上がってこないと、コモディティなんかのトレードに参入する元本がないんですけどね。

 

と、話はそれてしまいましたが、今の下落の底がどのあたりかですよね。

 

ハーモニックを使いますが、XBの数字に注目してください。

 

 

X地点は、上から20万円、30万円、60万円という、過去の大暴落の底値になるが、XBの値がフィボナッチ的に一番美しい数字というのが真ん中のチャートの0.499(0.5)。

 

では、その30万円の地点をXとしたハーモニックで下落中の反転ポイントを探ると、

 

 

ハーモニックが分かる方なら納得の数字だと思うし、ならば次のPRZが下のチャートに示す通りだというのは明白だ。

 

 

今気づいたのだが、目標値のレベルがずれていたので、すぐ上のチャート以外のものは無視していただきたい。

 

なので、60万という意識されるレベルはあるにせよ、フィボナッチ的に強いゾーンというのは、おおよそ40万から60万の間ということになる。そこも割るようであれば、30万というサポートが強力。

 

コインチェックの出金が再開されたらどうなるかを思い描いたとき、60万で安易に逆張りすることは絶対にやめるべきでしょう。コインチェックが、クレーム対応のオペレーターのバイト募集をしている情報も流れてきており、バレンタインデーとか中国の春節辺りまでは様子見でいいのではないかと。

 

地獄の底で待ってるぜ。

 

にほんブログ村 先物取引ブログ デリバティブへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません