縦と斜めと平均値

ARMS, CHARTS, FIBONACCI

 

3種の神器を極める >>>

 

いよいよ来週から、日経225のトレードを再開するつもりでいたのだが、コストの面でより有利にできる可能性が出てきたので、どうやら少し先延ばしになりそうだ。

 

まず、流動性という点で多少疑問はあるものの、結構使える場面が多いスプレッドを武器として加えるために、GLOBEXのリアルタイムデータの購読を検討していたのだが、ブローカーによってはこのコストを無料にできるかもしれないのだ。

 

 

TRADINGVIEWでGLOBEXのリアルタイムデータを購読すると月額90ドルになるのだが、左の矢印の先に示されているように、推奨ブローカーで何らかの条件を満たせばデータが無料になるのだ。

 

僕の場合はPROにアップグレードしているので、あとはブローカーの問題。

 

 

これはCQG使用ブローカーの一部抜粋だが、ほとんどが海外法人。ただ、この問題については、ついこの前「TT」というプラットフォームについて詳しく知りたくて、東京の営業の方にお話を伺ったときに、日産証券とフィリップ証券あたりが国内だと対応していますよということで、同じく該当しているこの2つのうち、日産証券の口座を今開設中というわけだ。アカウントを取って、テスト接続がうまくいけば無料になるはず。

 

また、日産証券は日経225の手数料が安い。SPAN証拠金に対する掛目設定も低く、ワンセッション内での決済取引ならば、通常の2倍のレバレッジを掛けることができる。同じような料金設定のあるSBIの口座を先日開設したばかりなのだが、SBIよりも安いのだ。

 

なので、スキャルピングにはありがたい。もし、データが無料にならなくても、もともと購読するつもりでいたわけで問題ないし、手数料だけをとっても、日産証券は使えそうだなという感想だ。

 

またタイトルと話がそれましたねw

 

 

縦と斜めと平均値 >>>

 

もしも仮に、の話であるが、僕が常勝の億トレーダーになって、スクールなんかを始めたとした場合に、どうすれば分かりやすく説明できるかということは常日頃から考えている。

 

というか、億トレーダーになるまでやるし、その先は当然人に教えることを喜びとするであろうから、当然といえば当然だ。

 

であるからして、

 

・人に伝えることのできない要素はできるだけ排除したい

 

・シンプルだがエッジが効いている手法

 

・ロジックが明確である

 

ということにフォーカスしている。

 

具体的に言うと、

 

フィボナッチに操られているという前提条件のもと

 

相場の原理原則に従い

 

複数の要因が重なる場所を探す

 

というゲームを極めることである。

 

そこで重要となってくるものが、

 

縦の世界 斜めの世界 平均値の世界

 

である。

 

 

複雑に見えるのは見た目だけ >>>

 

MT4のインジケーターにも素晴らしいものはたくさんあるが、TRADINGVIEWでも意欲的なトレーダーの方々のアイディアの集積を享受することは可能だ。

 

インジケーターやオシレーターの組み合わせだったり、パラメーターの最適化などをしてロジックは生まれてくるものだと思うが、世の中の大半のシステムトレードがそうであるように、

 

相場が合わなければ使えない

 

わけで、実はパラメーターというのは肝ではない。なんとなく使いやすそうなものを自分で決めて、それを道具として利益を残せるように利用できるということが重要だ。

 

僕も最近、この数字を使い続けようと決めたものがあるのだが、そのほとんどがフィボナッチ。でも、こんなのはただのゲン担ぎみたいなもので、なんだっていいと思う。MTFの時間足倍率が変わればどうせぶれるわけだし、フォーカスするところではない。

 

ただ、その数字を入力する土台となるものにはこだわった。

 

◆縦の世界

 

フィボナッチリトレースメント

 

 

フィボナッチエクステンション

 

 

◆斜めの世界

 

ダイヤモンドチャネル

 

 

◆平均値の世界

 

移動平均線とボリンジャーバンド

 

 

これらをマクロのベースとし、ミクロの世界に飛び込んでいく。その際に使うオシレーターは、

 

RSI

MACD

ストキャスティクス

RCI

エリオットウェーブオシレーター

 

を組み合わせてできており、人が作ったものと自分が作ったものがあるが、この3つで間違いないかなと思っている。

 

 

まあ、見た目は複雑ですかね。では、ここに冒頭に書いていたスプレッドと、一目の雲を乗っけて4面チャートの5分足で見ると、

 

 

決定的なチャンスはないものの、エントリー候補になる場所は数個ありますね。

 

とにかく、待つこと!

 

通常の日経の2倍のレバレッジの世界では、FXで5pips取る感覚で40円取れてしまう。

 

もちろん損失も同様。

 

故に、複数の要因が重なる場所の中でも、よりエッジの高い場所を厳選しなければならない。

 

それさえできれば、否が応でも利益は膨らんでいくという仕組みだ。

にほんブログ村 先物取引ブログ デリバティブへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

 

コメントは利用できません