一目均衡表のMTFアプローチ

ARMS, CHARTS, LEARNING

 

この2つが極めて重要!!! >>>

 

一目均衡表。

 

一目山人のことはよく知らないし、原著も高いので読む気にはならない。

 

しかし、一目均衡表というのは、トレーダーを魅了するには申し分のないインジケーターだと思う。

 

しかも、日本人が作ったというのも何かしら誇らしく、開発されたのが1936年というから驚きだ。

 

 

・転換線=(過去9日間における最高値+同最安値)÷2

・基準線=(過去26日間における最高値+同最安値)÷2

・先行スパン1={(転換値+基準値)÷2}を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロットしたもの

・先行スパン2={(過去52日間における最高値+同最安値)÷2}を(当日を含めた26日先すなわち)25日先にプロットしたもの

・遅行スパン=(本日の終値)を(当日を含めた26日前すなわち)25日前にプロットしたもの

2本の先行スパンに囲まれた部分は雲と呼ばれる。

 

 

一目均衡表と波動論を使って相場を読み解いていくのであれば、上述のものはすべて重要である。

 

が、他のもので代替できそうな転換線や基準線を残しておくと、チャートはぐちゃぐちゃになるし、判断に迷うという弊害を招く。

 

やはり、一目均衡表がユニークなのは、

 

遅行スパンと雲 

 

の考え方であり、これは他のものでは代替が効かない。

 

 

遅行スパンと雲のMTFアプローチ >>>

 

まず確認したいのは、上位足のインジケーターを表示できるかどうかということ。

 

 

上が1時間足、下が4時間足である。1時間足のチャートに4時間足の遅行スパンと雲を表示できないかとパラメーターをいじってみたのだが、問題なく機能していることが分かる。

 

では、1時間足に1時間足と4時間足の遅行スパンと雲を表示すると

 

ちょっと、やかましいですね。

 

遅行スパンは上位足だけでよいのでは?

 

というのは、上位足のものはチャンスが減ってもパワーがあるし、下位足ではトレンドになる可能性も望める。

 

そして、より重要なのは抵抗帯としての雲の位置であり、他のラインと重なる場所を探したいというのがそもそもの目的になるからだ。

 

移動平均線を表示したチャートと比べてみると、

 

 

そしてこれを実戦レベルに落とし込むため、カスタムリトレースメントを引くと、

 

 

チャンスが浮き彫りになってきますね。

 

無料の超高機能チャートの登録はこちらから

 

また、上位足のボリンジャーバンドとの相性も良く、

 

 

上位足と下位足の雲が交わる場所、すなわち相場の転換点における一定レンジでは、非常に有効であることが上の2つのチャートで見て取れる。

 

曲線を極めるということで、前回はMAとボリンジャーバンドの最適化を行ったが、一目均衡表の雲も曲線の仲間として加えて差し支えないだろう。

 

次回はオシレーターについて言及できればと思う。

 

アウトプットのおかげで、より一層自分の戦略が明確になってきた今日この頃である。


【重要なお知らせ】

2018年12月より、アラフォーシェフの聖杯シグナル TOPIX100銘柄編 を無料公開中です。僕が、アラフォーシェフを卒業するまでの期間限定になります。あくまでもトレードを推奨するものではなく、教育を目的としていますが、読者様のトレードの一助となれば幸いです。

アラフォーシェフの聖杯シグナル → http://yamatosuzuki.com/category/signal/

 

にほんブログ村 先物取引ブログ デリバティブへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません