利食い千人力

ARMS

 

MA指しのテクニック >>>

 

こういうものを公開すると、優位性がなくなるかどうか悩んだが、あくまでも利食いに関する一つの手法なので問題ないかなと判断し、公開することにする。

 

まあ、最終的には人それぞれですし、他人の知恵に頼っている人は、ピンチになったときに破滅するだけですから。

 

では、さっそくチャートを見てみよう。なんでもいいのだが、う~ん。メタルでもなじみのないパラジウムなんかで見てみよう。

 

 

3本のMAが引かれているが、このうち2本はパラメータが5、一本はパラメータが3なのだが、区別がつくだろうか?

 

また、このうち1本が5EMAになるが、区別がつくだろうか?

 

正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうです?合っていましたか?

 

5EMAは、一番ローソクとタイトな関係にあるということで白だよな察しがつくと思いますが、3DMAがちょっと難しかったでしょうか?ただ、パラメータが違うのにほぼ同じラインが引けている時点でDMAだと気づけば、直近の場所で判断できるのではないでしょうか。

 

 

ピンクだけ未来も表示していますよね。

 

もう一つ注意していただきたいのは、最後のローソクがピンクにだけタッチしているということ。

 

これが、利食いのテクニックと大いに関係してくる。

 

 

移動平均線は移動する >>>

 

聖杯シグナルに従うことはつまり、乖離トレードをしていることになる。

 

作った本人が言っているので、真実であるw

 

ということから、シグナルが出る日は、ある一定の乖離水準に達した日のことである。

 

そして、この ある一定の乖離水準 というのがたくさんあるのだが、すべてにおいて共通して言えることは、

 

ある条件下における限界値をヒットした

 

ことになり、通常運転の相場の中で、一方向へ加速している状態となる。

 

この状態では当然5MAからの乖離も大きく、5SMAと5EMAでは当然5SMAのほうが乖離しているはずである。よって、よりタイトなラインである5EMAを利食いのラインとして今までは設定してきた。

 

ところが、ザラバで5EMAに達してしまい、その後戻ることなくロスカットラインに到達してしまったケースが発生した。そして、こうしたケースの場合、増玉をしていることがほとんどで、損失額が平均的な利益よりも大きくなってしまうのである。

 

勝率が良くても、損小利大になっていないと、やはり全体のパフォーマンスは出ないし、連敗が続くとかなりのダメージになる。

 

そうした弱点を補うために考えた利食いのテクニックが3DMAを使うことである。

 

未来へオフセットさせることで、ザラバの利食いラインを明確にできるのだ。

 

 

資金効率というのも重要なポイント >>>

 

では、直近でロスカットになっている、GBPJPY と  EURJPY の2つについて考察しよう。

 

 

矢印の始値で2度売りを入れて、黄色のラインに到達した翌日の寄り決済となるとかなり持っていかれてしまう。が、売りを入れた初日のザラバでヒゲを付けているとおり、乖離の戻りは一度機能しているのだ。

 

つまり、これを利食うためには、指値を入れておかなければならない。ところが、終値ベースの移動平均というのは、当然値が動くたびに値が変わる。5EMAでは、明確な位置に指値を置けないのだ。

 

ところが、未来へオフセットされたDMAでは、未来の日の値が変わるだけで、当日の値というのはすでに確定しているので動かない。(表現が難しいが、つまり通常のMAで考えた場合の昨日の終値は確定していて、その値を今日使うということ)

 

すると、

 

 

青のラインに指値を入れておけばよい。薄利ではあるが、ロスカットになった場合の時間的効率と損失額を考えれば、非常に有効な手段だと僕は考える。9時までの間に指値にかかっていれば、シグナルの出ている日本株にエントリーもできるし、米国株にもエントリーできる。資金効率が非常によくなるというメリットがあるのだ。

 

では、EURJPY  のほうはどうかというと、

 

 

仕掛け2日目のザラバで  34PIPS  の利確となる。こちらも薄利だが、まさに勝ち逃げといった感じのトレードになっている。

 

そして、利益が伸びるパターンも存在する。

 

 

これは実際に配信した SUGAR であるが、利益が大きく変わる好例になっている。

 

ひとまず、7月の間は現行ルールに則りシグナル配信を行っていき、7月の収支を出す際に、現行ルールと新ルールでパフォーマンスがどう変化するのかを計測したいと思う。

にほんブログ村 先物取引ブログ デリバティブへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

 

コメントは利用できません