【シンプル】の真意とは

CHARTS, COLUMN, IDEA, LEARNING

 

一度すべてを排除しよう >>>

 

 

これはポンド円の日足チャート。

 

技を知れば知るほど、こんな形やあんな形が目に飛び込んでくるもの。

 

例えば、

 

 

 

 

こんな感じで、まあそれぞれ効力を発揮してくれます。

 

そして、僕自身も、去年まではこういった武器を使って割り出されるポイントが、いくつも重なる場所を探してトレードをしていました。

 

ですが、こういった分析は今や補助的に使うのみです。それは、聖杯シグナルと順張りオシレーターを使った方が勝率も精度も高いからです。

 

もう一度、ローソク足だけのチャートを見てみましょう。

 

 

この素の状態で、どういうところが美味しいか考えてみましょう。

 

まず、相場はレンジかトレンドの2種類の状態しかないものとします。なので、基本戦略はレンジ逆張りかトレンドフォローの2種類のみです。

 

とすると、

 

 

この辺りをうまく取れると美味しいのかなというのが分かります。ただし、分かるのはチャートの形が決まってからの話で、値が動いているときに、「ここで反転!」と言って逆張るのは非常に勇気がいりますし、勝てる保証もありません。

 

 

最終兵器を使った【型】  >>>

 

では、聖杯シグナルと順張りオシレーターを重ねてみましょう。

 

 

該当場所をオレンジで囲ってみると、

 

 

明らかな共通項が見えてきますよね。

 

それは、雲があるからとか移動平均線があるからとかではないのが分かります。

 

銘柄を変えていくつか見てみましょう。

 

・WTI原油

 

 

 

・USDCHF

 

 

 

 

 

・CORN

 

 

 

実は最近、RCIを使ったとあるインジケーターを手に入れ、VPSを使ってMT4からシグナルを飛ばす環境を作ったのですが、どうやら必要なさそうですね。VPSは解約します。

 

この基本的な戦略さえ押さえれば、日足以下でも戦略は組めますし、月足、週足から落とし込んで日足に生かすこともできますし。問題はシグナルの頻度ですね。

 

前回の投稿で書いたセットアップも含め、より優位性のあるものだけを抽出し、かつロスカットラインが明確で最小幅となるものばかりをトレードしていけば、間違いなく利益は残っていくものと確信しています。

 

シンプル

 

勝ち組の人が言うこの言葉の真意が、どうやら僕にも分かってきた今日この頃です。

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません