パターン認識能力

COLUMN

 

スーパートレーダーの要件とは >>>

 

今日は、最近僕が特に力を入れていることについてお話ししたいと思います。

 

まずは、チャートをご覧ください。

 

 

 

これは何をやっているかというと、移動平均線とボリンジャーバンドだけを表示して、

 

インジケーターの組み合わせと値動きの相関

 

を特定しているという作業になります。

 

相場にはいろんなチャートパターンというのが存在しますよね。

 

ヘッド・アンド・ショルダーとかウェッジとかペナントとかトライアングルとか。

 

最も新しいものでいえば、ハーモニックパターンが有名ですよね。

 

また、ローソク足ももちろんパターンの一種になります。

 

で、そういった古典も駆使しながら、自分は自分の武器の組み合わせの中からパターンを抽出しているというわけです。

 

 

あれこれ言うのは簡単だけど >>>

 

例えば、僕の聖杯シグナル。

 

負けやすい場所というのはほぼ特定できています。

 

 

こういった、強い戻りの後にストップを巻き込んで吹き上げるパターンは、聖杯シグナルの負けパターンの一つになります。

 

この値動きを後講釈するために下位足へ行ってみましょう。

 

 

例えば、ハーモニックパターンでいえば、このように機能していると言えますし、

 

 

エリオット波動ならこういう波だったよね、ということが言えます。

 

ですが、

 

 

この局面で、売りますか?買いますか?

 

 

この局面で、売りますか?買いますか?

 

教科書通り勉強したなら、2つとも売り目線だと思います。

 

しかし、

 

 

 

相場は甘くありません。中でも、天底での横ばいの動きは非常に難易度が高いと思っています。なぜなら、どっちに行ってもおかしくないから。

 

つまり、

 

負ける確率が高くなる

 

ということです。

 

そして、このことを認識し、下手なエントリーはしないという選択肢を取ることが重要になるでしょう。

 

パターン認識とは、失敗体験を素早く解析して同じ過ちを繰り返さない、成功体験であれば同じ成功が繰り返し発生するための仕組みを素早く作り上げるスキルである。優れた起業家には、この「パターン認識能力」が長けている人物が多い。

 

起業家に限らず、トレーダーにも同じことが言えるでしょう。

 

そして、認識できるパターンの数が多ければ多いほど、スーパートレーダーというものに近づいていくのだろうと、僕は認識しています。

 

 

にほんブログ村 株ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません