W7 シグナル1銘柄

SIGNAL

 

2019/03/18  シグナル発生!! >>>

 

今日は、一日早くシグナル配信を行っています。

 

当然金曜日の引けでシグナルは出ていますので、別に月曜日に配信する必要もないのですが、万が一このブログがバズってw、僕のシグナルをコピー配信するような輩が出てくると厄介なので、寄り付き前配信というのをしていたんです。

 

ですが、最近新たなコミュニティーに参加し、より強力な自己実現へ向けて奔走し始めたおかげで、若干寝不足なんですねw なので、明日の朝起きるのだるいよねって感じで、今配信しています。ま、予約投稿でもいいんですけど。

 

ところで、僕の現在のチャートは、インジケーターのオンパレードとなっていますが、これはこれで良し。シグナルという形に落とし込んだ僕の手法にとって、そのシグナルの強度を図るためにはインジケーターは必要不可欠だと思っているからです。

 

ですが、もともと投資を始めた時から心の中に決めているのは、

 

ローソク足だけで相場を読み解く

 

という能力を最終的には身に付けるぞ!  ということです。

 

もちろんこの際にラインというものが重要になってきますし、僕はもともとライントレードから勉強したので、シグナルのデューデリの際にもラインは多用します。

 

ですが、それ以上に重要になってくるのは、以前にも書いた

 

パターン認識能力

 

です。相場の世界で使われるパターンはたくさんありますが、その使い方が間違っていて優位性がないとあるトレーダーは言っています。彼はかなりストイックで、世の中で使われているインジケーターを現代の相場に最適化するなんてことをやっていた頃から知っているのですが、昨年末あたりからはこれらのインジケーターを一切使わず、値動きだけに特化した分析をしています。

 

その彼が作っているコミュニティーに参加したわけです。

 

僕のシグナルは精度こそ高いものの、利幅が狭いという難点があります。日足や週足では、ある程度の利益が見込めるものの、4月から日経225のスキャル~デイを始めようと思っている僕にとっては、その難点をつぶしていかなくてはなりません。

 

アーカイブを作った理由はそのためです。ボラが出て、規則的な動きをしている相場環境においては、順張りだけで勝てるのではないかと思っているので、それを過去にさかのぼって確認するために東京とNYの寄り付きの1分足のローソクをアーカイブしたんですね。

 

ただ、聖杯シグナルは逆張り。この精度の高さは、1分足でも確認できるのですが、1分足1本の値幅では話になりません。最低でも15分足1本とらなければ、1日20円という目標は達成できません。

 

ということで何を考えているかというと、

 

聖杯シグナルとパターンの融合

 

です。

 

例えば、

 

 

この真ん中に見える右肩上がりのWの右辺は、聖杯シグナルにとっては天敵のような存在ですが、Wの右辺は強いということを知っていれば、戦う必要はありません。その後の押し目となる、

 

 

赤丸の場所がシグナルも出ていて、逆張りの押し目狙いとしては最高の場所。かつ、右肩上がりのWとして見ても、

 

 

こういう場所だと認識していれば、かなり自信を持ってエントリーできると思います。

 

というわけで、これらの学習を急速に進めて、パターン認識能力を最大化させていこうと思います。

 

と話はそれたところで、本日のシグナルです。

 

W7  1928  売り

 

 

では、今週も頑張っていきましょう!!

 

 

にほんブログ村 株ブログへ

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

今日も、最後までお読みいただき、まことにありがとうございました。今後の記事の励みとしますので、応援の1クリックよろしくお願いします!

コメントは利用できません